2012年06月11日

ハイゲンキを持って遠足

木々の緑を渡る風が、目にまぶしく感じられる季節になりました。
一年の中で一番気持ちの良い季節ですね。

さて、我が家の一年生が今日遠足に行って来ました。
行先は、いつも休みの日に行っている公園!
でも、いつもと違うところに行って来たような感じで
今日一日の報告をしてくれました。
みんなと小山にシートを敷いて、
お弁当を食べたことが中でも楽しかったようです。
当然ハイゲンキも持って行きました。

今日はそのお弁当に中に入っていた『グルテンミートのゴマつけ焼き』
をご紹介いたします。
材料 グルテンミート 1缶(自然食品店で購入できます)、醤油 小さじ2
   生姜汁 1片、にんにく醤油 小さじ1、片栗粉 大さじ4位、水 適量、
   白ごま 大さじ6、ごま油 適量 
作り方
 1、グルテンミートは缶から出し、水で洗い布巾で水気をとり、そぎ切りにして、
   醤油・生姜汁・にんにく醤油を合わせたものをまぶしておく。
 2、硬めに水溶きした片栗粉をまぶして、白ごまをまぶし、少量のゴマ油で
   両面を、焦げないように焼く。

※にんにく醤油は、醤油の中に、皮をむいたにんにくを漬け込み、香りを付けた
 醤油です。

そのほかのお弁当の内容は、梅干し入り玄米おにぎり、酵素いっぱい塩麹のきゅうり漬、
小松菜の胡麻和え、カボチャのそぼろ餡かけ、
そして、お弁当箱の上には、もちろん
玄米酵素 ハイ・ゲンキスピルリナ入り・グルカン入り・霊芝入り・ハイ・ゲンキC
がのっかっていました。


posted by 玄米酵素小野寺 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

自家製パンといちごのソース

こんにちは。玄米酵素(有)健美の鈴木です

我が家の長女は体質的に出来物ができやすい悩みがありますので、
食生活を見直さないといけないなと常日頃思ってるところ、
トランス脂肪酸をたくさん含んでいるマーガリンは体によくないということを知りました。
で、出来るだけマーガリンを食べない食生活に変えようと思ったのですが、
マーガリンというのは、特に市販されているパンには、
食パンにも、菓子パンにも、普通に使われています。
マーガリン入りじゃないパンを探すのは逆に難しいぐらいです。
袋入りのパンじゃなくて、パン屋さんのパンならどうなんだろうと思い、
パン屋さんでも聞いてみましたが、やっぱり普通に材料としてマーガリンが使われておりました。
本当にマーガリンなしの暮らしをしようと思うなら、
市販のパンには安易に手を出せなくなります。
健康のリスクがどの商品にあって、それを分かって買うのと、知らずに買うのとでは、
大きな違いがあると思いました。

そんなこともあって、お料理が趣味の我が家の次女が最近こっているのは、
出来物ができやすいお姉ちゃんでも安心して食べられるパン、ということで、
「バターもマーガリンも、牛乳も使わないシンプルなパン」
になりました。
地元産の強力粉と、水と、塩ひとつまみと、イーストでシンプルに作ったパンは、
とっても素朴な味がして、家族にも好評です。
今食べ盛りでやたらとお腹のすく長女も大好きですし、
もう70代になるおじいちゃんも、喜んで食べます。

このシンプルなパンは、イチゴジャムがよく合うシンプルなパンなので、
今度は次女は、
おいしいイチゴジャムを作りたいと思ったらしく、
何度か試しに作ってみたり、自分の好みに合うイチゴジャムのレシピを探している様子です。

実際、ジャムを作ってみますと、
スーパーで買ってたべる味に近いイチゴジャムは、
たくさんの砂糖を使っていることがわかります。

次女としては、「体にいいものが作りたい」と思っているようで、
いろいろレシピを探して作っているうちに、
砂糖を使いすぎるジャムではなくて、
「いちご」と「レモン汁」と「砂糖」をつかって
ミキサーで混ぜ合わせて作る
「イチゴジャム」ならぬ「フレッシュないちごのソース」
にたどり着いていました。

次女が生のいちごで作るいちごソースは、とってもフレッシュで、
甘すぎず、爽やかで、これがまたとってもおいしいソースでしたよ。

ハイゲンキは毎日食べますが、それ以外の食事も安心して食べられて美味しいのが一番。
そんなふうに思って、また次女の新作に期待が高まるこのごろです。


posted by 玄米酵素小野寺 at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

5月21日は金環日食ですね

こんにちわ。玄米酵素ハイゲンキ通販(有)健美の小野寺くみ子です。

寒くもなく、暑くもなく・・のとてもいい季節になりましたね
ハイ・ゲンキのおかげか、体調を崩すこともなく元気に生活しています!(^^)!

今、テレビや新聞では「金環日食」について話題になっていますよね。
天体にはあまり興味が無いという人でも、聞いた事があるのでは?
というくらい最近話題の「金環日食」。
「金環日食」見られるのは5月21日(月)。
1987年に沖縄で観測されてから、25年ぶりと聞くとワクワクしてくる
のではないでしょうか?

残念ながら岩手県は全域で部分日食で、金環食にこそなりませんが県の大部分で
極めて細い三日月のような太陽が楽しめるそうです。
(当社のある奥州市では、午前7:42頃)

でも注意しなければならないのはexclamation
・直接見てはいけない
・サングラス・望遠鏡で見るのもダメ

また、太陽を見つめ続けると目を痛める原因になり、最悪の場合は失明の危険も
あるそうですがく〜(落胆した顔)
観測には専用の「日食めがね」を使うなどの準備を!

我が家の子供たちの登校時間もちょうどその頃。「金環日食」に気を取られ事故に
あわないよう、その日は「金環日食」を観察した後ギリギリに車車(セダン)で送っていこうかと
思っています。

それでは皆さん、天気晴れが良くなること祈りましょうね。


posted by 玄米酵素小野寺 at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

新じゃが・新玉ねぎ・新ごぼうのこんがりパリパリ揚げ

家の周りの田んぼに水が入り、
それと同時にカエルの大合唱が、始りました。
もうすぐ田植えが始まります。
今年の秋は、美味しいお米が沢山出来るといいですね。

今回は、おかずにも、おやつにも、おつまみにもおいしい
お料理をご紹介いたします。

新じゃが・新玉ねぎ・新ごぼうのこんがりパリパリ揚げ
材料 新じゃがいも 200g(小さい物で16〜18個くらい)
   新玉ねぎ 2個、新ごぼう 1本、
   カレー塩(カレー粉小さじ1/2.塩小さじ1)
   抹茶塩(抹茶 小さじ1/2.自然塩 小さじ1)
   トマトケチャップソース(トマトケチャップ大さじ3、パセリみじん切り少々)
 
作り方
 1,新じゃがは良く洗い水気をしっかり拭く。新玉ねぎは、皮をむき輪切りにして
   薄く小麦粉をはたいておく。新ごぼうは良く洗い、皮むき器で皮をむく要領
   で薄切りにし、薄く小麦粉をはたいておく。
 2,フライパンに揚げ油を深さ2〜3pほど入れて火にかける。
   160度になったら火を弱め、時々転がしながら、5分程度揚げる。
   竹串がすっと通ったら、油をきる。
 3,油を170度に上げ、玉ねぎ、ごぼうを揚げる。カリッとするまで2〜3分揚げ、
   油をきる。
   カレー塩や抹茶塩、トマトケチャップソースなどを付けていただきます。

※じゃが芋は常温の油に入れて、低温で、ゆっくりじっくり揚げて下さいね!
 淡白な味の新じゃがにコクが出ます。いろいろな塩やソースのバリエーションを作ると
 お子様からお年寄りまで、家族でワイワイ楽しめますよ!
 自分オリジナルの味を作ってみて下さい。
 
新年度が始まって、ようやく慣れてきたところにゴールデンウィーク。
体調管理をしっかりとして、元氣に過ごしたいですよね。
我が家の小学一年生は、毎日、玄米酵素ハイ・ゲンキをかかさず食べております。
ハイ・ゲンキを食べて、元氣をもらうのだそうです。
posted by 玄米酵素小野寺 at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

手作りきんつば

こんにちは。玄米酵素ハイゲンキの鈴木です。
3月から4月はじめまで寒い日が多かったせいか、
なんとなくさくらの開花も例年より遅い気がしていましたが、
やっと、ここ奥州市も暖かくなり、桜もチラホラと咲き始めています。

今年中学校に入学した我が家の次女は、中学校にも慣れ、元氣に通学しておりますが、
この次女、趣味がお料理なので、
暇を見つけると、ネット検索でレシピを探したり、
図書館から、よさそうなレシピ本を借りてきて作ってみたりしています。

この次女の最近の発見は
「あんこは、あずきから出来ている」
ということだったようで、
自分で一からあんこを作ってみたい、と言い出し、
近所からいただいた、地元の小豆をつかって、あんこ作りにトライしておりました。

作り方はこんな感じです。

まず小豆を鍋にいれ、たっぷりの水を入れて一晩浸けます。
翌朝、そのまま鍋を火にかけ、コトコト水を足しながら約2時間、
小豆ごとに時間は異なるようですが、
食べてみて、ふっくら煮上がっていれば大丈夫。

煮あがった小豆の鍋に水をいっぱいまで入れ、全体を一混ぜします。
1,2分待ったら水を捨てます。
水を足して、混ぜる、待つ、水を捨てる、を3回ほど繰り返します

そうしたら、ボールにざるを乗せ、その上にさらしなどの木綿の布を敷き、煮小豆を乗せ、全体を布で包み、手でしっかりと水分を絞ります。
固く絞った煮小豆は鍋に戻し、砂糖を入れて弱火で混ぜていきます。
最初はぼそぼそしていますが、砂糖が溶けてくるとだんだんつややかになってきますので、あとは塩ひとつまみを入れて、味を確認し、火を止めてさまします。

これで手作りあんこは完成。
次女の手作りあんこは、市販のあんこのように甘くしないで、
お豆のおいしさを味わえる程度の甘さにして、
そしてそれを、さらに一手間かけて、
「手作りきんつば」
を作ってくれました。

きんつばは、四角くまとめたあんこに、周りにうすい衣をつけて焼いたお菓子なので、
小麦粉でといた衣を、四角く整形した手作りあんこにつけ、
フライパンで、ほどよく焼いて完成でした。

正直なところ、市販のきんつばは、甘すぎて、
一口食べたらもう満足、というものが多いのですが、
次女の手作りきんつばは、ちょっと美味しすぎるほど美味しかったですよ。

外に出れば、桜の満開が待ち遠しい時期ですが、
我が家では、目下、次女の次回作に期待。

健康な食生活と、適度な運動と、ハイゲンキを継続しつつ、
次女の手作りおやつも楽しみなこのごろです。


posted by 玄米酵素小野寺 at 16:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

V・プレミアリーグ観戦!

こんにちわ、玄米酵素ハイゲンキ通販(有)健美の小野寺くみ子です。

朝、外を見ると黄色い帽子を被った小学生が歩いています。
ランドセルに背負われて・・!?
我が家の子供たちも、そういう時期があったな〜と懐かしく思います。

先月でしたが、中学校の息子のバレーボール部で、花巻市で行われた
V・プレミアリーグ男子セミファイナルラウンドを観戦してきました。

東レ・サントリー・パナソニック・堺 の4チームで、『あっ、全日本の人だ』
なんて他のお母さんたちと大騒ぎしながらの観戦でした。

応援チームの席に着くと、その応援チームのチアリーダーさんに、応援用グッツ
をいただき(パナソニックでは、全日本の応援の時によく見る長いポンポン!?で
堺ではミニはりせんでした!)スパイクが決まったり、ファインプレーなどの時に
音楽と一緒に応援しました。

40才になって初めての経験だったので最初は戸惑ってばかりでしたが、だんだんに
『オカァの声うるさい・・』と息子に怒られるほどに。
(ちなみに今年度はパナソニック・パンサーズが1位でした)

でも選手の方々に、たくさんの熱いプレイを魅せてもらいました。
目にも留まらない速さのジャンピングサーブ、受けたら腕が折れてしまうのでは
ないかと思うほどのスパイク、氷の上をスゥーと滑っていくペンギンのような
フライングレシーブ・・すべてにおいて素晴らしいプレイばかりで、生の観戦は
何とも言えない魅力がありました。

我が息子にも頑張ってほしいのですが、当の本人は全日本の選手ではなく、全日本の
裏方の仕事を目指しているようです(=_=)

やはり何の仕事をするにも体が健康でなくてはネ。
食事、運動、玄米酵素も食べて夢に向かって頑張って!! バレーもね(^_-)

ラベル:玄米酵素
posted by 玄米酵素小野寺 at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

うどみそ

お花見を心待ちにしているのですが、今年のお天気には困ったものですね。
4月だというのに、雪が降っています。
きっと来週あたりからはポカポカの春の陽気に『家にいるのはもったいない』
となってくれるのを期待しているのですが…。

今月は春の香りの〈うど〉を使って、美味しいお味噌の作り方をご紹介いたします。

うどみそ
材料 うど 1本、玄米味噌 大さじ3〜4、白ごま 大さじ2
   ごま油 大さじ2、みりん 大さじ1〜2
作り方
1、うどを洗い、みじん切りにし、ごま油で炒める。
2、油がなじんできたら、みりん味噌を入れさらに炒め、白ごまを入れ仕上げる。

ふき味噌(ばっけ味噌)は皆さんのお宅でも作られていると思います。
今回は同じ春の香りのするうどを使って、うど味噌を作ってみました。
ふきほど苦み・香りが強くありませんが、その分お子さんでも食べやすいかもしれません。
うど味噌の焼きおにぎりは本当においしいです。
お家にごまペーストがあるという方は、お好みで入れてみて下さい。
また、コクと旨みが増して美味しくなりますよ。
うちの子は、玄米酵素 ハイ・ゲンキを混ぜて食べるんですよ。
美味しくなると言っているのですが、どうなのでしょうか…。

苦味のある山菜を食べて、冬の状態から春の状態に体を移行しましょう。
しかし、あくの強い物は食べすぎにはご注意ください。
季節の変わり目は何かと体調をくずしやすいので、冷えに注意して温めて睡眠を十分とりましょう。
食後は、玄米酵素ハイ・ゲンキを食べて、ポカポカ陽気のなか、
気持ち良く、お散歩でもしませんか!!
posted by 玄米酵素小野寺 at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

もうすぐ4月ですネ!!

こんにちは、玄米酵素ハイ・ゲンキ(有)健美の佐藤ですわーい(嬉しい顔)

すっかり雪がなくなり暖かくなりましたねるんるんるんるん

後一週間で3月も終わり4月だなんて早い・・・・!!


我が家の娘も、この春から高校生になります。
義務教育と違って入学手続きがあり、いろんな書類を
提出しなくてはならず、最近はその書類を記入したり、
証明書を取りに行ったりとバタバタしていますふらふら

娘は4月から3ケ月間高校の寮に入るので、早寝早起きで
食事の栄養バランスが良いと思うので、今までと違って身体に
とても良いことなので、親としてはずっと寮生活もいいかな(#^.^#)

本人は微妙?


【ハイ・ゲンキCがリニューアル】

手軽にビタミンCが取れる人気商品のハイ・ゲンキCが3月から新しく
なりました。
顆粒のスティックタイプで湿気に強く、携帯にも便利になりました。
ぜひお試しください。

新商品の特徴
・アセロラとレモンのビタミンC
・水なしでそのまま食べられます。
・1箱は約1カ月分です。1日に1〜2包を目安にお召し上がりください。
・食べやすいスティックタイプなので保存も簡単、携帯にも大変便利です。


〜ビタミンCの上手な取り方〜
 
 空腹時は吸収速度が速いのですが、過剰分はすぐ尿として排泄されて
 しまいます。
 健康維持と美容のため食事道(適心食・身土不二・一物全体食)による
 食生活に、玄米酵素食品や元氣大豆21、ハイ・ゲンキ・Cをどうぞ。


 みんな元氣に4月を迎えましょう\(^o^)/

                          佐藤美智子
posted by 玄米酵素小野寺 at 15:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

新中学生

こんにちは。玄米酵素ハイゲンキの鈴木です。

我が家では3人子供がおりますが、
その真ん中の次女がこの春、中学1年生になります。

中学になると忙しくなると予想されることから
この短い春休みを一日一日大切に過ごしたいらしく、
次女は、この春休み、趣味のお料理や手芸に没頭することが多くなりました。

とても助かるのは「お料理」の趣味の方で
米粉を使ったレシピ」にこだわって、いろいろなレシピを調べて作ってくれたり、

母の私がコーヒーを好んで飲んでいるのを見れば、
棚の奥にしまってあった手回し式のコーヒーミルを出してきて、
「お母さんのために」
といって、母好みのちょっと薄めなおいしいコーヒーをいれてくれたり、

パスタを食べると言えば、パスタソースは出来合いのレトルト食品ではなくて、
トマトや玉ねぎ、にんにくを使って、フレッシュなトマトソースを、一から作ってくれたりします。

そんな次女、今日は中学のおねえちゃんが、部活にお弁当を持っていくことを知ると、
「私が作る」
といって、母と一緒に台所にたって、お弁当のおかず作りをしてくれました。

最近中学のおねえちゃんは、お弁当を食べるときにお友達とおかずの味見をしあって
○○ちゃんちの豚肉の生姜焼きはすごく美味しい、、
とか、
○○ちゃんちのポテトサラダは美味しい、
とか、
いろいろ言い合っているようで、
そんな中、我が家のお弁当はどう評価されているかというと、
「卵焼きと玉こんにゃくがおいしい」
と言われているようです(#^.^#)

だから次女は、お友達的にもウケのよいこの2品を覚えたいと思ったらしく、
「私に作らせて」
と言ってきたのでした。

今日は、母と次女が、おねえちゃんのために一緒に台所に立って、
一緒にお弁当のオカズを作りました。
だしや調味料をどのぐらい入れるのか、教えてあげて、
次女がつくりました。

隣で母は、もう1品入れる野菜のおかずと、オニギリを作るだけで済みました。

できたオカズは一緒にお弁当箱に詰めて、
おねえちゃんは今日も部活に出かけました。

まだ入学式までしばらくある春休み、
時間に余裕のある今のひとときを上手に過ごして、
いろいろなお料理を楽しんで作ってもらいたいと思います。

そして、体にいいお料理をしっかり食べて、
ハイゲンキもたべて
元気で入学式の日を迎えたいと思います\(^o^)/



posted by 玄米酵素小野寺 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

あれから1年・・

こんにちわ、玄米酵素ハイゲンキ通販(有)健美の小野寺くみ子です。

東日本大震災から、もうすぐ1年になります。
ここ岩手県奥州市でも、震度6弱を記録し、市内の道路や建物などに被害が生じましたが、
幸い当社スタッフ家族ともけがもなくみな無事で事務所建物も大丈夫でした。

あの3月11日 あの時のことがとても前のことのように感じます。
でも、忘れることはありません。

震災発生直後に大変と思ったことの一つに物資不足。

以前、新聞で昨年の東日本大震災の発生以前に、災害に備えた水や食料の備蓄などを
行なっていた割合は3割にも満たなかったとのこと。

でも震災以降に家庭での備蓄に対する意識が「高まった」という人は8割近くに上り、
備蓄をしていなかったことで不安など感じた人が多かったようです。

我が家でも備蓄が無く、震災当日はスーパーの長い列に並びました。
そんな経験から私も非常時に備え、食料を備蓄しておくことにしました。

食べ物の他にも、反射式ストーブを実家から譲ってもらい保管してあります。
暖をとるだけでなく、お湯も沸かせるしフライパンをのせれば料理もできる優れものです。
(今現在も我が家の茶の間で、焼き芋作り専用で頑張ってますよ!)

市販の非常食と一緒に、ハイ・ゲンキも備えておくのもいいですね。

先は長いけれどあきらめなければいつか楽しい日が来ると信じ、ファイト!!

posted by 玄米酵素小野寺 at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ばっけととろろ昆布の澄まし汁

桃の節句も過ぎ、花のつぼみもほころぶ季節となりました。
とはいえ、まだまだ朝夕はめっきりと冷え込みますが、
お風邪など召されてはおりませんか?

私は、風邪やインフルエンザが怖いので、うがい・手洗い・消毒しています。
そして、栄養補助に玄米酵素 ハイ・ゲンキのグルカン入りを沢山いただいております。

そろそろ雪の下から、ばっけが顔を出す頃ですね。
ばっけとは、岩手県の方言でふきのとうの事です。
冬にため込んだ毒を体外へ排出してくれる、
おいしいけどちょっぴり苦いばっけ!
今回は、そのばっけを使って、澄まし汁を作りましょう。

ばっけととろろ昆布の澄まし汁
材料 ふきのとう 適量(お好みの量でどうぞ)、とろろ昆布 30g、
   菜の花 6本、干しシイタケ 3枚、だし汁 5カップ、
   元氣塩 小さじ3/4、しょうゆ 小さじ2
作り方 
1,菜の花はさっと茹で、一口大に切っておく。干ししいたけは戻し千切りにしだし汁に加え
  煮立ったら元氣塩・しょうゆで味を調える。
2,椀に、菜の花・とろろ昆布を入れ、ふきのとうのみじん切りをお好みの量入れ、
  温かいだし汁を加える。
 
☆春の香りたっぷりのお澄ましです。
春らしい菜の花を目で見て春の香りたっぷりのふきのとうを
鼻で感じながらいただいて下さい

そして、食後には玄米酵素 ハイ・ゲンキで、元氣にお過ごし下さい。

posted by 玄米酵素小野寺 at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

遊びの達人

こんにちは。玄米酵素ハイゲンキの鈴木です。

いよいよ年度末で忙しくすごしているため、
なにかとドタバタしている感のある毎日ですが、

本当に、猫の手も借りたいと思うときには、
普段は頼りないと思っている長男にも、ずいぶんいろいろ用事を頼んで、
お手伝いしてもらうこともしばしばです。

ですがこの長男、何を頼んでも、
大概は、喜んでやってくれるのですが、
不十分な仕事だったり、失敗があったりすることが多いので、
頼む側の私としても、
「8割出来たら100点満点」
という気持ちで、お手伝いをお願いしています。


今我が家には、長男が苗木屋さんから買ってきて大事にしている「千両」という木の苗木があるので、
「"千両"に水をあげておいてね」
と長男に言ってみますと、
ふと気がつくと、長男の姿も、鉢も、見当たりません。

ただそこにおいてある鉢に、水をかけてと言っただけなのに、
一体どこに行ったのだろうと気になって、何をしているのか呼んでみると
どうやら長男は、鉢を見て、
「おひさまのよく当たるところにおいたほうがいい」
と思ったらしく、
どこにおいたら一番この「千両」が喜ぶかを、うろうろと探している真っ最中でした。

そして、いいポジションをみつけると、
そこに鉢を置いて、一仕事終わった顔。

「水をあげてね」
という肝心の母の頼みはすっかり忘れて、どこかへ行き、
「水は?」と聞くとあわてて水を取りに行った長男です。


また、別の日。
「タオルを洗ってあるから、干してちょうだいね」
と長男に頼むと、
「は〜い」
といういいお返事で仕事に取り掛かったものの、
いざ仕事を始めた様子を見ますと、
なぜかわざわざ、階段の、「手すり」にタオルを干しておりました。
階段の手すりですから、結構な角度のあるその場所を、
なぜ「タオルをほす場所」として長男が選んだのかが、とても不思議で、
一体なぜそんなところに干しているのかきいてみますと、

「だってね、これが乾いたら、タオルがしゅーっと滑って落ちて、おもしろいでしょ」
とのこと。


…何を頼まれたのか、なんのためにお手伝いをしているのかは、いつもそっちのけで、
本当に天才的に遊び心を持っている長男です。

頼んだ私も、その時は、当然呆れるばかりなのですが、
この「千両」と「タオル」
その後どうなったかといいますと、

「千両」の方はポカポカ陽気のおひさまに照らされて、
なんと「新芽」が顔を出し、春の息吹を感じさせ、今本当にイキイキとしており、

「タオル」のほうは翌朝、長男のもくろみ通りに、
階段の手すりをシューっとすべり落ちてきて、
狙いどおりだったと、長男を喜ばせておりました。

子供って遊びの達人です。
忙しい時も、遊び心を持つことは、素敵なことだなぁと、
長男を見るとちょっぴり思います。

忙しい時期、ではありますが、
毎日ハイゲンキを食べることと、
毎日楽しい気持ちで過ごす、ということは、
両方大切だと思う、このごろです。。。




posted by 玄米酵素小野寺 at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

娘のお菓子作り(^o^)

こんにちは(有)健美の佐藤ですわーい(嬉しい顔)

まだまだ、寒い日が続いていますが体調を崩してませんか?


先日、娘が台所でせっせっと何かを作っていたので、
そ〜と覗いてみたらバームクーヘンを作っていました。

何やら友チョコで、チョコではなくバームクーヘンを
みんなにあげるために頑張っていたみたいなのでするんるんるんるん
(私が子供の頃は、友チョコはなかったなバッド(下向き矢印)

インターネットで、高野豆腐・豆乳で作るヘルシーな
レシピをみつけたみたいで、卵焼きのフライパンで
厚焼き卵を作るのと同じで簡単に作れたみたい目

甘さ控えめで美味しかった黒ハート

レシピ⇒『高野豆腐で簡単バームクーヘン』

1日に必要な食物繊維の量は、約20g(男性19g以上、
女性17g以上)と言われていますが、最近の日本の食生活では
15g程度は通常の食事から摂取できていますが、あと5g食物繊維を
摂取したいところなんだそうです手(パー)

でも、食品から食物繊維を5gを補うには

ごぼうなら・・・・約2/1本
玄米ご飯なら・・・約2膳
ほうれん草なら・・約2/1束
さつまいもなら・・約1本

結構な量が必要ですねがく〜(落胆した顔)

玄米酵素ハイ・ゲンキなら1日6袋でOK!!
不足分の5gを補えますひらめき

玄米酵素は、玄米・胚芽・表皮、牡蠣殻カルシウムを麹菌によって
発酵させ、大豆を加えたバランスの良い健康補助食品です。

普段の食事で不足しがちなビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維
などが豊富に含まれていますので、ぜひ毎日の食事と一緒にどうぞグッド(上向き矢印)

                         佐藤美智子
posted by 玄米酵素小野寺 at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

岩手も大雪です・・

こんにちわ、玄米酵素ハイゲンキ通販(有)健美の小野寺くみ子です。

テレビでは、北日本から東日本の日本海側を中心に降雪が続き、大雪雪となっている・・
と報道していますが、ここ岩手県奥州市もかなり降っています(@_@)

こんなに降ったのは、久しぶりではないでしょうか?
朝も雪かきして、お昼休みにも雪かき、仕事が終わって家に帰っても雪かき(+_+)
でも、運動不足の私にはいい運動ですね。


この間、息子のバレーボール会場に行ったら、会場の隅に『みずき団子』が飾られていました。

『みずき団子』とは、
ミズキ(地域によってはヌルデやヤナギの木)の枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、
五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る小正月の行事で、地方によっては「めっこ団子」とも呼ばれます。
「めっこ」とは繭(まゆ)のことで、養蚕(ようさん)がうまくいくようにという願いが
込められていたとも言われます。このことから「まゆ玉」とも呼ばれます。


私も子供の頃、楽しみにしていた行事の一つでした。
子供の頃は、白と食紅で色づけされたのと二種類のお団子だけでしたが、ここ最近、実家に遊びに行くと
カラフルな色の飾り(七福神の最中のようなお飾り)も付いていて賑やかでしたよ。

今では、季節季節の行事、続けて行くのは大変ですよね。
でも、消えて行くってのは、やはり寂しいですから、 
私も季節季節の行事を忘れない・欠かさないお母さんになりたいものです☆

インフルエンザが流行っているようです。
やはり、うがい・手洗いが肝心とのこと。
ハイ・ゲンキも食べて、この冬を元氣に乗り切りましょう!!


posted by 玄米酵素小野寺 at 11:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牡蛎と豆腐のとろとろあったか鍋

暦の上では、もうすぐ立春。春だというのに、この寒さと雪にはうんざりです。
雪かき疲れで、ぎっくり腰一歩手前の私。

こんな時には、体の芯まで暖まる美味しい物を食べるに尽きます。

というわけで、今回は、体を温めてくれる簡単鍋物をご紹介いたします。

牡蛎と豆腐のとろとろあったか鍋
材料 
 絹ごし豆腐 1丁、牡蛎のむき身(新鮮なものを調達して下さいね) 400g
 白菜 1/4〜1/3株、おろし生姜 一かけ分、自然塩 大さじ1、
 水溶き葛粉 [葛粉大さじ2、水大さじ2]
 A[だし汁 6カップ(和風だしも美味しいですが中華だしも美味しいですよ!)
   醤油 大さじ1、自然塩 小さじ1]
作り方
1、豆腐を食べやすい大きのさいの目に切っておく。白菜はそぎ切り、牡蛎は自然塩を振って
  もみ洗いし、水を替えながら4〜5回洗ってざるにあげる。
2、土鍋に、Aを煮立て、白菜とおろし生姜を入れて煮る。
3、水溶き葛粉でとろみをつけ、牡蛎と、豆腐を加える。
4、好みで長ネギや七味唐辛子を添える。

とっても簡単で美味しくて、暖まる鍋です。

寒さも大変なものですが、かなり乾燥もしていて、かぜやインフルエンザが流行しているようですね。
食後には、是非玄米酵素、ハイ・ゲンキをご愛食下さい。

posted by 玄米酵素小野寺 at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

やまんば汁って?

こんにちは。(有)健美の鈴木です。

冬休みが終わると、冬の寒さも雪もより一層厳しさをましてまいりますが、
ここ数日、こちら奥州市でも冬らしい寒さが続いています。

ヒーターや防寒グッズのお世話にもなりますが、
食事では、やっぱり温まる鍋物か汁物がよく登場します。


いろいろな根菜類やきのこを煮て、お醤油味で味を付け、そこに小麦粉をこねてつくった「ひっつみ」を入れて仕上げた「ひっつみ汁」は岩手の郷土料理として、定番の汁物ですが、

先日、県内のとあるところで
「やまんば汁」
という汁物をいただきました。
子供たちを集めた自然塾のような集まりで、ふるまわれた汁物で、
初めて聞くその「やまんば汁」という名前に、
「なんで“やまんば”なの?」
「やまんばの肉が入っていたりして!」
「つくってる人がやまんばなのかも!?」
などとひとしきり子供たちと盛り上がりましたが、
いえいえ、作ってくれた人はとっても綺麗なお姉さんで、山姥のイメージからは程遠い方でしたし、
お肉はどうみても鳥肉でした。

ベースはひっつみ汁と同じ、根菜類ときのこを煮た、醤油味の汁物で、
なかに入っていたのは「ご飯」でつくったおだんごでした。
汁物はきのこやごぼうのだしが効いていて本当に美味しくて、
おだんごもモチモチしていて、食感が良く、
初めて聞いた「やまんば汁」でしたが、母には懐かしいお味でした。
子どものころ、おばあちゃんがご飯が余ったときに作ってくれたご飯だんごの汁物と同じ味で「そういえばこれ、食べたことがある」という懐かしさがありました。

あんまり美味しかったので、やまんば汁の中に入っているご飯だんごの作り方を聞いてきました。

1.炊いたご飯を水で洗ってざるに上げる
2.塩ひとつまみと、片栗粉を適宜入れてこねる。
 (ご飯のつぶつぶが残っている状態でOK)

これを味付けした汁物にぽとんぽとんと入れて少し煮ると、やまんば汁の完成です。

子どもたちには新しい好物がひとつ増え、
母には懐かしいメニューがひとつ増えました。


寒さと乾燥が続きますと、体調も崩しやすくなりますので、
皆様も体を冷やさないように、
お食事とハイゲンキも召し上がりながら、
どうぞお元気でおすごしください。

posted by 玄米酵素小野寺 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

風邪をひいてませんか?

こんにちは玄米酵素(有)健美の佐藤ですわーい(嬉しい顔)

早いもので今年になって3週間になりましたね。

我が家の子供達も、冬休みが終わり学校に行き初めて
1週間になりました。
みなさんは、インフルエンザになったり風邪をひいて
ませんか?

学校から保健通信をもらってきたんですが、こんなことが
書いてありましたグッド(上向き矢印)


     ≪インフルエンザ発生!!≫

明日から・・・・全員マスクをしましょう!
(常時、2〜3枚はカバンに入れて持ち歩きましょう。)

☆インフルエンザの予防をしましょう。

手洗い・・・手は色々な物をさわります。さわる度に手には、
      目に見えない汚れや感染症の原因となるウイルスが
      つきます。その手が、口や鼻や目に触れると、そこから
      ウイルスが侵入し、感染症を引き起こします。そのため、
      石けんでの手洗いがとても大切なのです。

うがい・・・鼻やのどの粘膜が乾燥すると、ウイルスは粘膜に付着し、
      体内に侵入してきます。その粘膜についたウイルスを
      洗い流すのに効果的です。

マスク・・・咳やくしゃみをするときに「飛まつ」の飛び散りを防ぐ
      だけでなく、人ごみの中で「飛まつ」を吸い込まないように
      体を守ってくれます。しかも、鼻やのどの粘膜を乾燥から
      防いでくれるので、かぜの予防にとてもいいのです。

室内環境・・インフルエンザの予防のためには、室内の空気を入れ換える
      ことが重要です。閉めきった教室で1時間授業を行うと目に
      見えない細菌やほこりが充満します。こまめに換気をして
      快適な環境を作りましょう。

体調管理・・インフルエンザなどのウイルスから体を守ることが大切です。
      しかし、体が疲れたりしていると、感染しやすくなります。
      体調を整えるには、「栄養」「睡眠」「運動」が大切です。
      バランスの良い食事をとり、規則正しく寝起きをし、普段から
      適度に運動し、体をつくりましょう。


予防するには、普段からちょっとしたことを気をつけて生活することが、
大事なんだと改めて思いましたひらめき

5つの予防を忘れずにハイ・ゲンキを食べて頑張らなくちゃ・・・・・・るんるんるんるん

                             佐藤美智子 
posted by 玄米酵素小野寺 at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

七草粥食べましたか・・

玄米酵素ハイ・ゲンキ通販(有)の小野寺くみ子です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

当社、健美の周りは一面の雪景色となっております。
今朝はすごく寒かった!氷点下8度ダッシュ(走り出すさま)
デスクから見える屋根からの『つらら』もいい感じに伸びています!!。

雪も、しんしん と降っていて朝晩の雪かき雪が大変。
いい運動だと思い頑張ろうp(^^)q


1月7日は七草粥でしたね
(我が家では食べるのを忘れてしまいましたが・・)
今はスーパーに行くと七草粥のセットが売っているので楽チンですよね。


七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うということで、無病息災を祈って
七草粥を食べたそうです。
古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。

正月疲れが出はじめた体を休ませましょうという事を多く聞きますが、
野菜の不足がちな冬を健康的に過ごすという意味もあるそうです。

ちなみに春の七草にはそれぞれ意味が込められており、
     セリ=競り勝つ
     ナズナ=撫でて汚れを除く
     ゴギョウ=仏体
     ハコベ=反映がはびこる
     ホトケノザ=仏の安座
     スズナ=神を呼ぶ鈴
     スズシロ=汚れのない清白

を意味しているそうです。


日本の季節の行事を大切にしていくという事はとても大切な事ですよね。
我が家の子供たちにも受け継いでいってほしいなとつくづく思いました。

寒さもこれからが本番です。
みなさんも玄米酵素を食べてこの冬を乗り切って下さいネぴかぴか(新しい)



posted by 玄米酵素小野寺 at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

新年あけましておめでとうございます(^o^)

新年明けましておめでとうございます(^o^)

(有)健美の佐藤です手(パー)

昨年はいろいろと大変な一年でしたが、
今年は明るく楽しい一年になるといいですねわーい(嬉しい顔)

みなさんはどんなお正月でしたか?

昨年に比べると雪があまり無いお正月でしたね。
私は何処も行くことが無く、お餅を食べてお正月番組を
見てた3日間でした(T_T)

あ、そうだ近所の神社が学問の神様なので、娘が今年受験生なので、
合格出来るようお願いしてきました。
今からドキドキしてます。(本人はそうでもないようで、本番は
大丈夫かな?)

娘も玄米酵素をきちんと食べて、食生活を気を付けて、体調を整え
本番にのぞんでもらわないとですね(^_^.)

健康レシピはこちら⇒http://www.best-weight.ne.jp/recipe/index.html
ちなみに
≪玄米酵素の食べ方にお悩みの方≫

玄米酵素は健康補助食品ですから、食べる量や食べ方に決まりは
ありませんが、下記を参考に食事の時などに分けて、水またはぬるめの
お茶などでお召し上がりください。

顆粒、粉末 1日3〜9袋(杯 ※粉末は付属スプーンをご使用ください)
   を目安にお召し上がりください。
錠粒(ハイ・ゲンキ 花粉入) 1日30〜120粒 を目安にお召し上がりください。
錠粒(玄米ファイン) 1日15〜20粒 を目安にお召し上がりください。


お水、ぬるめのお味噌汁、豆乳、野菜ジュースなどに溶いてお飲みになっても
かまいません。
元氣大豆21、元氣糖と混ぜて作る“GENKIシェイク”は大人気です。

ふりかけのようにご飯にかける、和え物や納豆に混ぜる、サラダに振りかけるなど、
加熱しなければお料理に混ぜてもかまいません。


酵素は熱に弱く、40℃を超えると働かなくなり始め、多くは70℃以上で失活すると
いわれています。お米と一緒に炊いたり、味噌汁に入れて加熱するようなことは
お避けください。
お子様の場合は、適宜、量を減らしてください。
錠粒は一度に口に入れますと、喉に詰まることがありますので、少量ずつ
お召し上がりください。


今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

                               佐藤美智子
posted by 玄米酵素小野寺 at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年も、玄米酵素ハイ・ゲンキの健美をよろしくお願い致します。

皆さん楽しいお正月をお過ごしのことと思います。

私は、今年一年生になる長女がようやくかるた取りが出来るようになったので
家族総出で、かるた取りに興じてみました。
「一番取れた人が、今年一年で一番幸運を取れる人だよ!」
との言葉に、娘よりも、主人の方が本気を出しておりました(笑)

ところで、おせち料理は美味しくいただいたことと思いますが、
黒豆、煮すぎちゃってあまってるのよね〜という方に
『五目黒豆』をご紹介いたします。

材料 
 おせちの黒豆、こんにゃく 1/2枚、ごぼう 50g、人参 50g
 蓮根 50g、昆布 10p角1枚、水 2カップ、鰹節 大さじ2
 Aしょうゆ 小さじ1、自然塩 少々、粗製糖 小さじ2、みりん 大さじ2、だし汁 1カップ
作り方
 1、人参は1p位の角切り、こんにゃくは塩でもんでさっとゆで、1p位の角切りにします。
   ごぼうは1p角位の乱切り蓮根も1p角に切っておきます。
 2、昆布は分量の水につけて火にかけ、煮立ったら取り出し鰹節を入れ、だしをとり、
   取り出した昆布も角切りにします。
 3、1、2とだし汁を鍋に入れ、Aを加えて野菜が柔らかくなるまで煮る。
 4、最後に、3におせちであまった黒豆と和えてできあがり。
黒豆の分量によって材料は加減してください。

食育レシピはこちら
おせち料理、最後まで美味しくいただきましょう!
そして、おせちの後には、是非とも玄米酵素ハイ・ゲンキもお忘れなく。


 
posted by 玄米酵素小野寺 at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。