2013年06月06日

『梅ごはん』レシピ【GINGER7月号】ハイ・ゲンキスピルリナ入り紹介されました!

梅雨の季節になりました。
ここ岩手でも、来週あたりには梅雨入りしそうです。
食中毒、食あたりには十分気をつけたいものですね。

さて、同じものを食べていても食あたりする人としない人がいますね。
体内のバクテリアで決まるようです。
バクテリアが活躍しやすい状態とは、身体が陰性に傾いたときです。
甘いものをたくさん摂ったり、冷たいものを多く摂ることにより、
体は陰性に傾きます。

そんな陰性に傾いた体を陽性にしてくれる食べ物の代表として梅干しがあります。
梅干しは太陽に光を沢山浴び、殺菌力の強い赤紫蘇と塩で発酵させる陽性の食べ物です。
梅雨から夏の食品の傷みやすい時期には梅干しや梅酢などを利用していきたいものです。

今月は『梅ごはん』をご紹介いたします。
材料 五分搗き米 3カップ、雑穀ブレンド 大さじ2、自然塩 こさじ1、梅干し 4個位、
   青じその葉 6枚、削り節 小1パック、白切ごま 大さじ3、(じゃこ 一つまみ)
作り方
1、米を洗い雑穀を入れ自然塩を加えて炊き上げる。
2、梅干しの種を除きたたき、青じそは千切、白ごまは炒って切ごまにする。
3、1のごはんに青じそ以外の他の材料を混ぜ合わせ、器に盛って、青じそをてん盛りにする。

※おいなりさんのごはんにしたり、おにぎりにしたりしてもおいしいですよ。
簡単ですが、おかずいらずの美味しいご飯です。

食後は、是非、玄妙茶に玄米酵素ハイ・ゲンキで、梅雨に負けずにお過ごしください。


5月23日発売の雑誌【GINGER7月号】の特集「美アイテム美サロンで自己ベストビューティを更新」で、
ハイ・ゲンキスピルリナ入り、ハイ・ゲンキC、元氣大豆21をご紹介いただきました。

健康の輪が広がるのが楽しみです。




posted by 玄米酵素小野寺 at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。