2011年08月23日

放射能に関するご質問が増えていますので、お答えします

弊社においてもお客様とのやり取りの中で、放射能に関するご質問をお受け
することがありますので、安全対策についてお答えします。


Q.玄米酵素の原料に関して、放射能は大丈夫ですか?

A.現在の原料はすべて昨年秋に収穫された玄米・胚芽表皮・大豆を使用しておりますので、放射能汚染の心配は全くありません。

震災直後、韓国と台湾からは放射能に汚染されていない旨の証明書提出が義務付けられました。その際。日本食品分析センターで検査しましたが、全く問題ありませんでした。

アメリカ・カナダは輸出国の検査を信用せず、すべて自国で独自に検査をしています。震災後、アメリカ・カナダへの輸出は継続しておりますが、全く問題ありませんでしたのでご安心ください。


Q.今年の秋以降の原料はどのようにチェックする予定ですか?

A.すべての原材料の放射線量を工場に入荷する段階でチェックします。
今年収穫される米や大豆は10月以降入荷しますので、9月までに検査体制を確立します。

放射線検査の基準については、当社独自の安全基準を作成して対応します。


Q.製品はいつから今年収穫の原料になりますか?


A.玄米や大豆は1月または2月頃、胚芽・表皮は10月ごろから切り替わります。


posted by 玄米酵素小野寺 at 15:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。