2011年05月30日

木村弓さん

kimurayumi.jpg

2001年公開の宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で、一躍脚光を浴びた木村弓さんもハイ・ゲンキをご愛食されています。

木村弓さんは、身体の調子を悪くして、声が出なくなってしまった時期が長くあったそうです。
食事療法を中心に少しずつ回復し、また、そのころに「ハイ・ゲンキ」も食べ始めたとのこと。
一時やめていた時期もあったそうですが、もう10年以上も続けてご愛食されているそうです。
木村弓さんは、ハイゲンキを食べていると、とてもいい気がするのだとか。
1日6袋を御愛食され、そのほかに自分流の酵素断食も年に2回行っているそうですよ。

【木村弓さんの元氣トーク】★★★★★★★★★★★★★★

私はある時期、身体を壊し、生きるのが大変だった時期がありました。
それで私は、人々が生きる励ましになるような、そういう曲を作りたい、歌いたい、という気持ちを持つようになりました。
日常生活では気が付かないけれども、私たちはみんな、心の奥のどこかに、素晴らしい輝くような気持ちを持っていると思うんです。普段は忘れているだけです。
でも、歌を聴くことで、そういう気持ちが思い出されるというか、こんな素晴らしい気持ちが自分の中にあったんだと確認することができると思うんです。
歌を通して、自分が持っているエネルギーに気づいてもらえるような、生きていくうえでのエネルギーになるような、そんな曲を作り、また歌えたらなぁ、といつも思っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■木村弓さんプロフィール
大阪生まれ。歌手・作曲家。
高校からアメリカへ単身留学し、ピアノを学ぶ。
帰国後、声楽家を志望するが、健康を害し一時断念。現在は、食事療法、瞑想法などで健康を回復し、歌と作曲を続けている。
代表作に宮崎監督の映画の主題歌「いつも何度でも」や「世界の約束」など。
全国各地で演奏活動も展開中。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<はい!元氣らいふ 2008年 1・2月号 より>
posted by 玄米酵素小野寺 at 18:16| ご愛食の著名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。