2011年05月17日

家庭菜園

こんにちは。玄米酵素 ハイ・ゲンキ通販、(有)健美の鈴木です。

昨年、我が家では「サンチュ」の苗を初めて買ってきて育てておりました。
サンチュという野菜は、とても丈夫な野菜のようで、ほったらかしでも、モコモコと大きく葉を伸ばし、日々葉をつんで食べるのですが、あとからあとから葉が伸びてきて、ずいぶん長い期間食べることができる野菜です。
レタスよりもやわらかいですし、葉物特有の青臭さもあまりないですから、我が家では子供たちも大好きで、焼き肉の時にお肉をまいて食べるよりもむしろ、サンチュそのものを思い思いに好きなドレッシングをかけて、毎日たくさんいただいておりました。

サンチュは外でほったらかしで育てても、春・夏・秋と3シーズンにわたっていただける野菜ですが、それでも一年草ですので、一定期間育つと枯れてしまいます。
昨年は、春に苗を3株ほど買ってきて、しばらくして食べ始め、ずっと秋になるまで食べることができましたので、今年もまた育てようと思っておりました。

ところが。
春になって暖かくなると、たくさんの小さな芽が畑のあちらこちらに顔を出しました。
小さな芽はモコモコと大きくなっていき、すぐそれが「サンチュ!!」とわかるまでになりました。

今年は苗も買ってきておりませんし、種もまいてはおりません。
きっと昨年、めいいっぱい育ってくれたあのサンチュたちが、種をこぼしておいてくれていたのだと思います。
昨年3株だけ買ってきて育て、今年芽を出したサンチュの子は、30株ほどはあったでしょうか。
ほんとうに丈夫で、生きる力が強いことに驚かされました。

30株ほどのサンチュは、近所の方が通りかかるたびに、少しずつわけて、今は7株ほど残してあります。
近所の方にも思いがけなくサンチュの輪が広がりました。

これから暑くなっていきますが、負けないようにお野菜をたくさん食べて、ハイゲンキも毎日食べて、元氣で過ごしたいと思います。


posted by 玄米酵素小野寺 at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。