2013年02月26日

もうすぐひなまつり

こんにちは。玄米酵素(有)健美の鈴木です。

年末からずっと慌ただしい気がしていますが、いよいよ年度末です。
我が家の子供たちには卒業生も新入生もいませんが、
何となく学校の行事や勉強も、残りわずかの焦燥感が増してきた気がします。

気づくと、娘二人のために毎年出している雛人形も出さないまま
2月の終わりを迎えそうなので、
遅ればせながら、家族で協力して、雛人形の飾りつけを致しました。

そもそも、桃の節句は「五節句」のひとつの「上巳の節句」(じょうし/じょうみ のせっく)。
もともとは、中国で、陰暦3月の最初の巳の日(魏以後は3日)に、水辺で穢れを祓ったり、「曲水の宴」が催されたような文化があり、それが日本に伝わったという一節があります。
日本でも「日本書紀」に「3月3日が上巳の節句」との記述が残っていますのでその頃にはもう季節行事としての上巳の節句の文化が、出来上がっていたのかもしれません。

ですがその頃は、今のような雛人形を飾る風習はなく、人形(ひとがた)に不浄を託して川や海に流して、災厄を祓うという風習がありました。古代からの日本の俗信仰として、自分の罪を人形(ひとがた)に託し、肌身にすりつけ、息をふきかけ、これを水に流すのです。

そしてこの祓(はらえ)用の人形(ひとがた)とは別に、「ひひな遊び」のお人形というものがありました。
平安時代の古典「源氏物語」に、貴族の少女達が「ひひな遊び」をしている風景が登場しています。
「ひひな」は、上巳の祓や3月3日とは関係なく幼女の遊び道具として存在していました。
この「ひとがた」と「ひひな」が結びついて、現在の「お雛さま」が生まれたと言われています。

もともと、川に流すなど 捨てていた人形(ひとがた)も時代が進むにつれて「飾り雛」として造られるようになり、江戸時代になると、平安時代の宮廷を模した雛壇の雛人形となってゆきました。

今見ている段飾りの雛人形は、江戸時代頃からのモノなんですね。

今は、綺麗に飾って子供の成長を祈る、ひなまつりの行事も、
その昔は呪術的な祈りをこめた「人形(ひとがた)」であったことは、
それだけ、昔は子供が育つことが難しかったという証拠であるのかもしれません。

子供たちの成長を願いながら、今年も3月3日を迎えますが、
バランスのいい日々の食事と、ハイゲンキをいただいて、
健康で過ごしたいと思います。



posted by 玄米酵素小野寺 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

「第55回わんこそば全日本大会」を観て来ましたよ!!

こんにちは(有)健美の佐藤です。

まだまだ、寒い日がありますが風邪などひいて
いませんか?


先日、岩手の花巻市で開催された
「第55回わんこそば全日本大会」を観て来ました手(パー)
競技時間が5分で、男性1位は茨城県から参加の方で
229杯、女性1位は岩手県北上市から参加の方で
192杯で観ていて凄かったですよがく〜(落胆した顔)

パンフレットにこんなことが載ってました目
※花巻わんこそば豆知識
 ●わんこそばの由来
  わんこそばの歴史は、380年程昔にさかのぼります。
  南部家第27世利直公が江戸に上られる途中、花巻に
  お立ち寄りになられたおり、旅のつれづれをなぐさめようと
  郷土名産のそばを差し上げたところ、利直公はその風味を
  たいへんお気に召され何度もおかわりをされたとつたえられ、
  その際、そばを上品に椀に盛って差し上げたところから
  「わんこそば」と称されるようになったといわれております。
  わんこそばと言うと、大食いのイメージがありますが、
  元々はお客様にたくさん召し上がっていただきたいという
  もてなしの食文化です。
 
 ●わんこそばの“ワンコ”とはどういう意味?
  丼ではなく、お椀で食べるところからこの名前がついたのですが、
  岩手県の方言の特徴として名詞の最後に“コ”をつけることが
  挙げられます(親しみを込めた柔らかな表現になります)。
  童謡「どじょっこふなっこ」と同じように、馬は「馬っこ」、
  牛は「ベごッコ」、お風呂は「湯っコ」といい、お椀も「椀コ」
  と呼ぶのです。

 ●そばの量ってどれ位?
  大会では1玉10gに統一しています。市内のわんこそば4店舗で
  食べるときは、これと同じかやや多めになっています。
  大体わんこ10杯でかけそば1杯といわれています。

 ●沢山食べるコツは?
  概ね次のような事が言われています。
  @噛まずに飲む。
  Aリズムよく食べる。
   お椀にそばを入れる給仕さんとの呼吸を合わせることも大事です。
  Bつゆは飲まない。
   そばは熱いそばつゆに通してから出されるため、お椀にほんの少し
   つゆが入ります。それは飲まずに、つゆが溜まってきたらテーブルに
   置いてある“汁あけ”に捨てます。
  C必要以上にお椀を動かさない。
   早い人の動きを見ていると、椀は口の前に固定し、無駄な動きがありません。

日本全国から沢山の方が参加してましたが、一番遠くは鹿児島県からきていました。
来年も、是非観に行きたいと思いましたよるんるん


寒い日もあと少しかなと思いますので、ハイ・ゲンキを食べて頑張りましょ〜グッド(上向き矢印)

                            佐藤美智子
posted by 玄米酵素小野寺 at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

レシピ『なめこあったか汁』玄米酵素ハイゲンキが雑誌『MORE(モア)』と『リンネル』に紹介されました

雪をかき分けると、ふきのとうが顔を出してくれます。
もうすぐ春ですね。待ちに待っていた春ですね。
しかし、岩手の冬は、もう少し続きそうですが…。

今月は、春を前に、寒さにオススメの
お味噌汁をご紹介いたします。

『なめこあったか汁』
材料
なめこ 1袋、油揚げ 1枚、とうふ 1/2丁あさつき 適量、
だし汁 5カップ、しょうが汁 少々、豆味噌 70g、くず粉 おおさじ1、
作り方
1、油揚げは網で焼いて細切りにする。豆腐はさいの目に切る。なめこはさっと水洗い。
2、鍋に分量のだし汁を作り、なめこ油揚げを入れ、そのあと豆腐を入れる。
3、豆味噌をときいれ、水溶きくず粉を入れとろみをつける。
4、椀に盛り、あさつきを加え、しょうが汁をお好みで入れる。
 
ただのなめこ汁ではありません。体があったかくなるなめこ汁です。
味噌も陽性の豆味噌を使い、油揚げは火であぶりあぶらをおとして、少し香ばしくします。
葛でとじて、最後にしょうが汁を2〜3滴お好みで入れます。
体がポカポカになりますよ。
だし汁の中に、梅干しの種を1〜2個入れてみてください。さらにおいしく、体も暖かになります。
寒いこの季節、ぜひおためしください。

食後には玄米酵素ハイ・ゲンキと玄妙茶をお勧めいたします。

玄米酵素ハイゲンキが雑誌『MORE(モア)』と『リンネル』に紹介されました

20代から30代のOLを中心とした
女性向け人気ファッション誌『MORE(モア)』2013年3月号(1月28日発売)p.146

ナチュラル系の雑誌『リンネル』
 2013年3月号(1月19日発売)p.19

ますます玄米酵素ハイゲンキの輪が広がるのが楽しみです。


posted by 玄米酵素小野寺 at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。