2009年06月22日

人生をひらく法則

こんにちは

玄米酵素ハイゲンキ(有)健美の小野寺です。

先日6月14日、私の誕生日の朝に3歳になる娘から
「お父さんお誕生日おめでとう!」
といわれた。
何かプレゼントでもあるのかなと待っていたら、
「だから、自転車買って!」
いつの間にか娘の自転車の話になった。
夕方まで粘られて、とうとう自転車屋さんに行って買うことになった。
娘にしてやられた感じだが、楽しいそうに自転車に乗る姿を見て
買ってよかったと思っています。

私も、先月「クロスバイク」というモトクロスと競技用の自転車の中間なる自転車を買った。
運動不足解消と体力アップを目的に最近2年間スポースジムに通っている。
そこで、100キロマラソンやトライアスロンをするほどのまさにアスリートと言える潤さんという先輩から自転車を勧められた。

自転車は、環境にも優しいし自分の体力づくりにもなるしできるだけ活用しようと思っている。
娘も買ったことで、休みの日には家族で自転車を楽しみたいと思っています。

さて、人間学を学ぶ月刊誌「致知」7月号を読んで感動した対談記事が
ありましたのでご紹介いたします。

「人生をひらく法則」

人間学を学ぶ月刊誌「致知」7月号に西田文郎氏(メンタルトレーニングを始め
能力開発を構築)と佐藤富雄氏(作家・生き方健康学者「口ぐせ理論」が話題)
の対談が掲載され困難を乗り切るヒントなる内容でしたのでご紹介します。

世の中には困難を打破し、道を切り開いて夢を実現させていく人がいる。
一方で、苦境にあって挫折する人、それ以前に夢を抱くことすら諦めている人もいる。
その違いは何なのだろうか?ともに人間の脳の働きに着目し、その活性化によって
意識を変え、言動を変え、人生を変えようと提唱する佐藤富雄氏と西田文郎氏。
特に印象に残った指導法は、お釈迦さまの「六方拝」です。
お釈迦様は東西南北と天地、要するにすべてに感謝しなさいと言われました。

本気とは素直な負けず嫌いになること

人間のモチベーションにも段階がありまして、人間本気になったら「素直な負けず嫌い」にならざるを得ないはずなんです。
そして、素直な負けず嫌いの人だけが、もっとも高次元で
ある「感謝・使命感」のエネルギーに到達できるのです。

 スポーツ選手でも経営者でも大きな成功を手にしている人は、例外なく感謝・使命感」がエネルギーになっています。

「感謝・使命感」のエネルギーで仕事ができると自分も周りもきっと幸せになれるはずです。




posted by 玄米酵素小野寺 at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。